女性のプラセンタ効果

女性のプラセンタ効果

プラセンタの効果にも美白効果やアンチエイジング効果の他にも、疲労回復やダイエットなどいろいろな効果があります。そんななかでも女性特有の更年期障害の症状で悩む女性にとっては、プラセンタはとても効果がある成分です。更年期障害も女性特有のものと思われていましたが、最近では男性にも更年期障害の症状があることが分かってきました。ただ女性の更年期障害は、その症状も原因も男性とは明らかに異なります。さらに以前は閉経前後に起きると信じられてきましたが、近年では30代の女性の若年性更年期障害など多様化しています。

女性の卵巣は30歳ぐらいがピークで、その後は卵巣の働きも徐々に衰えていきます。そのため女性の更年期とは本来は閉経が始る、50歳前後の45〜55歳くらいの年齢を指していました。しかし今は30代の女性でも突然に発汗したり、顔のほてりや動悸などの更年期障害の症状が起きます。この更年期障害の正体は加齢と共に、女性ホルモンの分泌がだんだんと減少するからです。

女性ホルモンにもエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとゲスターゲンと呼ばれる黄体ホルモンの2つがありますが、エストロゲンの分泌量が減り卵巣のはたらきが衰えることからホルモンのバランスが壊れるのです。卵巣のエストロゲン分泌量が減ると、それを補おうとして脳の下垂体が性腺刺激ホルモンを大量に分泌します。

そうするとホルモンのバランスが壊れ発汗や顔のほてりや、動悸などさまざまな不愉快なからだの変化が起きます。そして朝から何もしたくなかったり、酷いときには布団から起きれない場合さえあります。そのためご主人が仕事から帰宅しても部屋が散らかっていたり、食事の用意もされてなかったりして夫婦喧嘩の原因にもなります。

このように日常生活に支障をきたすような症状が更年期障害で厄介なのは更年期障害の症状は本人にしか分からず、ご主人などまわりの理解を得ることができないことが多くひとりで苦しんでいる女性がとても多いのです。ただ更年期障害はある日突然起きるわけではなく、眠りが浅くなったり体重が増えたり前兆が見られます。さらにほてりやのぼせ以外にも、訳もないのにイライラしたり急に情緒不安定になったりします。

プラセンタが更年期障害に注目されているのはこれまで更年期障害の治療には、睡眠薬・精神安定剤・抗うつ剤などや女性ホルモンの投与が主流でした。しかしエストロゲンには子宮体がんの危険性があり、睡眠薬・精神安定剤・抗うつ剤などを使用することに抵抗がある女性もたくさんいるからです。その点プラセンタは副作用もなくホルモンのバランスを整えるだけでなく、美容効果や健康にもいいからです。



>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ