プラセンタ効果ランキング【※口コミ1位は?】

脊椎管狭窄症をプラセンタで治療

脊椎管狭窄症という病名について、耳にしたことがありますか? プラセンタと脊椎管狭窄症は、一見なんの関連性もないように見えますが、脊椎管狭窄症の治療にプラセンタの持つ作用が注目され始めています。脊椎管狭窄症は、骨の病気と思う人もいますが、筋肉の機能が低下することにより、脊椎管の働きに支障をきたして、神経が圧迫されることにより、鬱血した状態のことを指します。

骨の病気であれば、レントゲンやMRIなどの検査で発見されやすいのですが、脊椎管狭窄症は神経と筋肉に関わる病気で、発見されにくいため、治療を開始するのが遅れると、完治するまでに時間がかかることがあります。脊椎管狭窄症は、骨盤矯正体操やエクササイズをしたり、姿勢を正すように注意すれば治りやすくなります。成長過程で脊椎管狭窄症にかかる人もいれば、後天的にかかる人もいますが、脊椎管を支える筋肉が使われなくなることにより、筋肉の運動不足が原因と言われています。

脊椎管狭窄症のおもな症状は、激痛が走るといった症状ではありませんが、しびれや痛み、脱力感など感覚の異常が感じられるようになります。一般的な脊椎管狭窄症の治療には薬物療法として、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが行われています。腰痛がひどい場合は、コルセットを腰回りに装着させて、安定させます。ストレッチやエクササイズ、超音波療法などの方法もあります。脊椎管狭窄症にプラセンタが注目されるようになった理由は、プラセンタの持つ細胞組織や基礎代謝、細胞の活性化、血行促進作用、抗炎症作用により、症状が改善されると期待されていることにあります。

脊椎管狭窄症によるしびれ感や腰痛の症状が長引くと、大変つらいものです。症状が悪化すると、歩行困難になることもあります。医療機関での脊椎管狭窄症の治療には、プラセンタエキス配合の神経ブロック注射が行われており、どの程度の回数で症状が改善されるかは、個人差があります。

プラセンタは、ダメージを受けた組織や細胞を修復する作用を持ち、自然治癒力を高めて、このような症状が改善された人もたくさんいます。脊椎管狭窄症以外にも、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの腰痛に効果的と言われています。プラセンタ注射や神経ブロックは、医療機関でも治療ですが、自分でできるプラセンタ治療には、プラセンタ配合のドリンクやサプリメントを飲むことで、プラセンタを補給して、症状の改善に役立てることができます。

>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ