プラセンタ効果ランキング【※口コミ1位は?】

プラセンタで更年期障害を克服しよう

プラセンタには、更年期の時期に起こりうるさまざまな不快な症状を軽減して、女性の健康をサポートしてくれる作用があると言われています。一般的に「更年期」とは、女性の月経の閉経の時期をはさんで前後5年と言われています。閉経年齢が50歳であれば、45歳〜55歳の10年間が更年期ということになりますが、閉経年齢に個人差があるため、更年期の年齢は人によって違いがあります。

更年期という言葉の持つイメージは、どこかマイナーで体調を崩しやすくて、憂鬱な気分になったり、ヒステリーを起こしやすいといったイメージでしょうか。実際、更年期にさしかかった人に話を伺うと「体が冷えやすくなって倦怠感や疲労感がきつい」と答える人もいれば、「体がほてり、頭痛やのぼせがする」という人もいます。その人の持つ体質にもより、更年期の症状は人それぞれ個人差があります。

更年期障害は、更年期に起こりうるさまざまな心身の不調を総称した言葉で、更年期障害は、女性ホルモンと密接な関係があるとされています。プラセンタと更年期障害との関係についてご紹介する前に、更年期障害と女性ホルモンの関係についてご説明しましょう。 更年期障害が引き起こされる原因は、加齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが減少して、月経の周期やお肌のターンオーバーに影響を及ぼします。

更年期になると、卵巣の昨日が急激に低下し始めて、月経のサイクルに変化が生じて、これまでは1カ月に1回の月経が、2〜3か月に1回、半年に1〜2回に減ってきます。更年期障害が月経だけの影響ならまだしも、月経の周期の異常により、自律神経系にも影響して、冷えやほてり、のぼせといったさまざまな不快な症状があらわれてきます。

更年期障害ののぼせの症状は、ホットフラッシュと呼ばれることもあり、瞬間的にカーッと熱くなるような感じで、イライラ感や疲労感、倦怠感などの不快な症状を訴える人もいます。 プラセンタは、女性ホルモンバランスを整え、疲労回復や血行促進作用をもたらすことから、更年期障害の予防と改善に役立つものとされています。

更年期は、約10年間と長い期間になりますので、1度不快な症状が出てくると、次々に症状が出たり、ひとつの症状が長期化することもあります。更年期障害を明るく過ごしためには、そろそろ更年期が来る前に、プラセンタサプリメントや美容ドリンクなどで、プラセンタを摂取しておくといいでしょう。 病気の予防が大切であるように、更年期は女性なら避けて通ることはできないのですから、早めの予防対策をとることで、つらい更年期を明るく乗り切ることができます。

>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ