プラセンタ効果ランキング【※口コミ1位は?】

プラセンタで肝機能障害を治療

プラセンタと言えば、「女性の美容と健康をサポートする成分」といったイメージで定着しつつありますが、実は日本国内でプラセンタが注目されたのは、肝機能障害の治療の効果が注目されたことにあります。

プラセンタという言葉を頻繁に耳にするようになったのは、ここ2〜3年のことですが、それは美容業界に限ってのことで、医学界では1950年代から早くもプラセンタの持つ作用が注目されていました。 プラセンタは、血行促進や細胞を活性化する作用を持ち、成長因子が含まれていることに注目されていますが、肝臓にさまざまな機能障害を持つ患者の肝細胞を強くする作用があるとされています。

肝臓は、体内に吸収された栄養素や有害物質などの毒素を解毒する役割と、代謝、胆汁の分泌といったおもに3つの役割を果たしています。体内の血液を蓄えており、肝臓の解毒作用により、血液が浄化されています。 肝臓がストレス状態になると、解毒作用が弱くなり、ドロドロの血液になり、皮膚や目の色も変化してきます。

肝機能障害には、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝臓ガン、肝硬変などさまざまな病気があります。これまで、肝機能障害の治療薬と言えば、インターフェロンが主流でしたが、強い副作用を持つことで知られており、患者の体質や病状によっては、まったく効果がみられない場合もあります。その点、プラセンタは自然の成分なので安全性が高く、副作用の心配がまずありません。

健康な人の肝臓と肝臓に疾患がある人の肝臓を比較すると、疾患を持つ人は肝臓が硬くなった状態で、肝臓にダメージを受けると、肝臓ガンや肝硬変に進行しやすくなります。 プラセンタ配合の治療薬には、注射薬や点滴が医療の分野で使用されています。 プラセンタには、本来、細胞のダメージを修復する作用や活性酸素は除去する作用を持つことから、肝機能障害の他にも、更年期障害、神経痛、リュウマチ、膠原病、糖尿病、膵炎、胃炎などの病気の治療にも用いられています。

プラセンタは、肝臓の働きを強くする作用や解毒作用の強化、薬物や有害物質、アルコールなどに対する解毒作用、新しい細胞を生成して肝細胞を強化する作用、肝臓の炎症により、ダメージを受けた細胞組織の修復作用などがあるとされています。「肝腎要(かなめ)」と言われていますが、肝臓は昔から「沈黙の臓器」と呼ばれており、肝機能障害になっても、臓器そのものに痛みはまったくありませんので、日々の健康管理が必要です。 プラセンタは、肝臓の健康をしっかりサポートしてくれる成分だということを理解しておくといいでしょう。

>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ