プラセンタの花粉症への効果

プラセンタの花粉症への効果

花粉症とは季節性アレルギー性鼻炎のことですが、花粉症はスギやヒノキなど約60種類の木や植物の花粉が原因で起きます。アレルギー性鼻炎にもこの花粉症と、家の中のハウスダストやダニやペットの毛などが原因で起きる通年性アレルギー性鼻炎と2つあります。全国疫学が実施した調査では日本人の約3割が、この花粉症で苦しんでいることが分かっています。

花粉症の症状ですが特定の木や植物の花粉が鼻の粘膜に付着すると、からだが免疫反応を起こしくしゃみ・鼻水・鼻づまりのなどの症状が現れます。さらに鼻だけでなく目が痒くなったり涙目になったり充血したり、のどや肌が痒くなったり下痢になったり微熱が出ることもあります。花粉症はなった人でないと辛さが分からないといいますが、今は花粉症でなくてもある日とつぜん花粉症になる可能性を誰もが持っています。

なぜ花粉症になるかですが私たちの体はアレルゲンと呼ばれる異物が侵入してくると、それを排除しようとする働きをリンパ球が持っています。このリンパ球が異物に対抗するために、IgE抗体と呼ばれる物質を作ります。そしていったんこのIgE抗体が作られると、再び花粉という異物がが体内に侵入してくると、鼻や目の粘膜にあるIgE抗体と結合します。そうするとヒスタミンという化学物質が分泌され、花粉を体の外に追い出そうとするのです。

国内の花粉症で最も多いのがスギですが北海道や沖縄には、スギはないためスギ花粉症は存在しません。しかし北海道にはシラカンバが多いのでシラカンバ花粉症が多く、地域によっても花粉症のアレルゲンが異なります。また花粉が飛ぶ時期も、国内でシーズンによって違っています。ただいずれにしても花粉症の症状はとてもつらく、会社での勤務や生活にも大きな影響を及ぼします。

花粉症の治療薬として抗ヒスタミン薬を服用する人もいますが、抗ヒスタミンには眠気などの副作用があります。特に車を運転する仕事や昼間は眠気が起きることを避けるために、抗ヒスタミン薬の服用を控える人も少なくありません。そのため注目されているのがプラセンタでプラセンタには免疫力を高める効果や、花粉症の原因となるIgE抗体の働きを抑制することや、肥満細胞からのヒスタミン放出を抑制する働きがあることは臨床的にも確認されています。循環器系や耳鼻咽喉科のクリニックのなかには花粉症の予防のためにプラセンタ外来を設けているところもあるので、抗ヒスタミン薬を服用したくない方や他の薬であまり効果が感じられなかったという方はこのようなクリニックや病院に行かれることをおすすめします。



>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ