プラセンタの白髪への効果

プラセンタの白髪への効果

加齢で白髪が増えるのは仕方がないことですが、やはり白髪の量などにも個人差があるようです。一般的に女性の白髪が増えてくるのは40歳を過ぎてからといわれていますが、医学的には白髪のメカニズムはまだ解明されていないのが現状です。ただ2002年4月25日の毎日新聞で京大グループが毛根部のバルジと呼ばれる部分に、色素細胞の元になる色素幹細胞毛があることを発表しました。

私たちの髪の色はこのメラノサイトと呼ばれる色素細胞の、作用で決まるのですがもともとは人間の髪の色は白なのです。この白い髪がメラノサイトのメラニン色素の働きで、黒い髪になったり金髪になったりしているのです。そのため白髪はこのメラノサイトがなにかの原因でメラニン色素を生成しなくなった考えられます。ただその原因が何なのかは、まだ分かっていません。

また花王も同年に白髪のメカニズムの一部を解明し、毛髪の根元にある毛球部に存在するタンパク質FGFと呼ばれる繊維芽細胞増殖因子が、特定遺伝子に影響を与えて白髪の量が増えることが分かりました。ただこちらもそれ以上は解明されいなく、現段階ではなぞが多いのが正直なところです。

ただ女性は子供を、出産すると白髪が増えます。これは歯も同様ですが胎児を育てるために、母体からカルシウムが消費されるからです。またカルシウムだけでなく、多くの栄養が母体から胎児に送られます。ただ出産後の白髪はしっかり栄養のあるものを取ると改善されることが多いのですが、50歳前後の更年期の時期になると女性ホルモンの減少が原因で白髪が目立つようになります。

更年期になると女性ホルモンが減少しますが、また同時に血流や栄養分も白髪に大きな影響を与えます。実は人の髪の毛はヘアサイクルと呼ばれる一定の周期で、髪が生えたり抜けたりを繰り返しているのです。女性の場合はこのヘアサイクルはだいたい4〜6年で、髪が生える成長期・髪の成長が止まる退行期・脱毛が始まる休止期の3つの周期で新しい髪の毛が生えてくるのです。

しかし閉経などで血流が悪くなったり十分な栄養分が毛髪の根元にまで届かないと、メラノサイトの働きに悪影響を与えると考えられています。出産時や更年期にプラセンタを摂取すると、不足する栄養分が補充されます。プラセンタは哺乳動物の胎盤から作られているわけですから、母体の胎児を守るための栄養分が十分に備わっているからです。プラセンタが白髪にいいのも、その栄養分がすべてを物語っています。



>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ