プラセンタ効果ランキング【※口コミ1位は?】

アトピー性皮膚炎のプラセンタ治療

これまでアトピー性皮膚炎の皮膚科での治療には、ステロイド剤が使用されてきましたが、ステロイド剤でアレルギーやアトピーの原因とされるヒスタミンを抑制して、皮膚のかゆみを抑えても、それは薬を処方している間の一時的な症状の緩和であって、根本的な治療ではありません。ステロイド剤は、医師の診断により患者の症状の度合いに合わせて処方されるものであり、個人の判断でステロイド剤を使用することはできません。

ステロイド剤には、症状の度合いにより、強い薬が処方されることもあり、副作用が引き起こされることがありますので、長期連用はできません。ステロイド剤には、皮膚の繊維芽細胞が破壊され、湿疹が出ることもあり、皮膚の肥料のために使用していたステロイド剤でかえって皮膚の状態を悪化させることもあるのです。プラセンタは、血行促進作用と皮膚の細胞を活性化させる作用があります。

アトピー性皮膚炎にかかる人は、両親のどちらかの体質を遺伝によって引き継いでいる人もいますが、実は冷え症で代謝不良の人が多いのです。プラセンタは、新陳代謝を活性化して代謝を良くする作用や抗炎症作用も持ち合わせており、アトピー性皮膚炎の皮膚の状態の改善に役立つとともに、アトピーという体質の改善にも役立つものとされています。これまでステロイド剤中心のアトピー性皮膚炎の治療は、皮膚の炎症を抑える作用はあっても、アトピー体質の改善とはまったく無関係でした。プラセンタは、皮膚の細胞を活性化するとともに体質改善に役立つということで、皮膚科や美容皮膚科などの医療機関で、プラセンタの導入が進んでいます。

皮膚科のプラセンタ治療には、おもにプラセンタ注射とプラセンタ配合の内服薬や塗り薬が処方されます。プラセンタはステロイド剤のように化学的に作られたものではなく、自然の成分なので、副作用の心配はまずありません。皮膚科のプラセンタ治療は、皮膚の外側と内側から行うことで、皮膚の炎症を鎮めて、アトピー体質の改善につながります。

現在は、まだアトピー性皮膚炎の治療にプラセンタを使用する場合、健康保険は適用されていませんが、アトピー性皮膚炎にかかる赤ちゃんや子どもだけでなく、成人のアトピー性皮膚炎の患者も増えていることから、将来的には健康保険が適用される可能性も十分あると考えられます。

プラセンタとアトピー性皮膚炎との関係について、まだ解明されていない部分も多く、医療機関や医学大学などで研究が進められています。プラセンタの今後のさらなる可能性が今、注目されています。

>>効果が高いと話題のプラセンタ商品の最新人気ランキング<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 プラセンタドリンク効果口コミランキング All Rights Reserved.
[他プラセンタ商品]プラセンタナチュレ